プロフィール

tomo

Author:tomo
◆社会人二年目
◆中野が本拠地
◆オタな二十代
◆将来は………

最近の記事

最近のコメント

リンク

Twitter

過去ログ

RSSフィード

cogito,ergo sum
あら、賽銭代りにコメントでも残しなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版"文学少女"感想
注意:ネタバレ有

*まだ内容を知りたくないという方は回避願います。



よろしいでしょうか?
ではいきます。

今回の劇場版の内容ですが、原作の流れに沿うと以下のようなものになります。

プロローグ :“文学少女”と死にたがりの道化【ピエロ】
本編    :“文学少女”と慟哭の巡礼者【パルミエーレ】
エピローグ : “文学少女”と神に臨む作家【ロマンシエ】下

取り上げられている作品は宮沢賢治『銀河鉄道の夜』が中心です。
ああ、これはぜひ後輩のK君に知らせねばなるまいて。

さて、率直な感想を列挙すると以下のようになります。

・原作未読の人はきっとついて来れない(原作読了推奨)。
・所々で原作の話や設定を思い出さないと理解しにくい部分がある。
・ストーリーの進行は全体的にやや駆け足な印象を受ける。
・どちらかと言えばTVアニメとしてじっくりやってほしかった。
・キャラクターデザインは好き嫌いが分かれそう。
・サブキャラは完全にゲスト出演扱い。
・そうは言っても声優さんたちの演技はさすがの一言。
・七瀬(水樹奈々)と美羽(平野綾)の「女の戦い」が見たい人はオススメwww
・劇場版にしては総体的なクオリティがそれほど高くない?

などなど。

一番気になったのは、全体を通してストーリー展開の駆け足感が否めなかったのと、キャラクターの心理描写が少々強引に感じたことでしょうか。
この作品は目を引くような派手なアクションがあるわけではないので、ストーリーやキャラクター描写で勝負しなければならないと思うのですが…う~ん、現時点ではなんだか悪い所ばかりが浮かんでいる気がする(汗)

それでも、やはり劇場版ならではの迫力ある映像表現は、意識的に作っているなとは思いました。
例えば、遠子先輩がプラネタリウムで話すシーンとか、銀河鉄道の世界とか、汽車に乗る遠子先輩と心葉のシーンとか。
そんな良い所も確かにあるんですが、なんというか、一つの作品として評価しようとするとちょっと物足りなさを感じます。

ちなみに、6月25日から劇場版の前日譚を収録したDVDが発売されます。

“文学少女”メモワールI-夢見る少女の前奏曲(プレリュード)-初回限定版 [DVD]“文学少女”メモワールI-夢見る少女の前奏曲(プレリュード)-初回限定版 [DVD]

ポニーキャニオン 2010-06-25
売り上げランキング : 138

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


“文学少女”メモワールII-ソラ舞う天使の鎮魂曲(レクイエム)-初回限定版 [DVD]“文学少女”メモワールII-ソラ舞う天使の鎮魂曲(レクイエム)-初回限定版 [DVD]

ポニーキャニオン 2010-10-29
売り上げランキング : 592

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


“文学少女”メモワールIII-恋する乙女の狂想曲(ラプソディ)-初回限定版 [DVD]“文学少女”メモワールIII-恋する乙女の狂想曲(ラプソディ)-初回限定版 [DVD]

ポニーキャニオン 2010-12-24
売り上げランキング : 546

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


舞台挨拶の話では、こちらの短編を観ると劇場版が非常によく分かるとのことです。
これで上記の問題点のいくつかは解決するのかもしれませんが…うん、実に商売ショウバイな気がすwww

スポンサーサイト
劇場版"文学少女"舞台挨拶へ
先日書いた劇場版"文学少女"池袋最終上映舞台挨拶に行ってきました。
場所は池袋ルミネ8階のシネ・リーブル池袋。
上映開始30分前から入り口にはチケットを手にした人が結構いましたね。

P1000257.jpg
キャストのサイン入りポスター

作品の感想は別に書く予定なので、ひとまずここでは舞台挨拶の様子を簡単に報告。

20時30分から本編の上映開始、上映終了後に花澤香菜さん(天野遠子役)、多田俊介監督による舞台挨拶という流れ。
なお、舞台挨拶自体はこれまでも何回か行われていたようで、今日会場に来られた方のなかにはなんと5回目の参加という方もいた模様…恐るべし。

さて、舞台挨拶ではゲストのお二人から、今の心境や印象に残った/力を入れたシーン、作品のモデルとなった場所などについて話がありました。
ちなみに作品のモデルとなった場所は、多田監督の話によると東急線沿線(田園調布など)だそうです。

まあ、tomoは最初から気づいてたけどなwww

伊達に6年間横浜に住んでなかったぜ。
ぜひとも司会の方、監督に話を振る前に「場所が分かる方いますか?」という質問を客席に飛ばしてほしかった。
そうしたら勢いよく手を挙げたのにwww

ゲストの話の後は抽選会。
花澤さんや他のキャストの方々のサイン入りポスターを10名にプレゼントとの由。
この手のことには最近運があるtomoのこと…もしかしたら、もしかしたら当たるか!?と期待で胸一杯。

…。
……。
………。

まあ、世の中そんなに甘くないわなorz

当たった方々、おめでとうございます。

そして最後は花澤さんの「私が、文学少女だぁー!!」で締め。
いやはや楽しかったです。

そうそう、6月25日に公式HPで何やら重大発表がある模様。
(うーん、劇場版で扱いきれなかった部分のTVアニメ化、あるいは実写ドラマ化とtomoは予測。)
気になる方はぜひともチェックを!!


また運を…
以前、この手のことには運があるなんてことを書きました。
ことアニメの試写会に関しては当たる確率が結構高いtomo。
その運をぜひ宝くじに活かしたいものですが、その気配は一切なしと…orz

で、ここまで書けばお気づきの方もいるかもですが…

またそんな運を使ってしまいましたwww

今度は6月18日の劇場版"文学少女"池袋最終上映舞台挨拶のチケットをゲット。

126554767980016409342.jpg

チケットぴあの店舗、WEB、電話、そしてコンビニで全国一斉発売されたその枚数はたった180枚
無謀にもWEB販売で購入を試みたtomoでしたが、なんというか、本当に運良く注文画面まで辿り着けましたよ。
ちなみにチケット自体は販売開始からものの5分で完売。
いやはや、本当によくゲットできたものです。

以前から観ようと思っていたものだけに、こういったイベント付で観れるのは嬉しいです。
舞台挨拶の様子は終了後にアップできればと思います。

ところで、この運、いつまで続くのかな…。

『俺と彼女が魔王と勇者で…』回収&絶版!?
哀川譲氏の小説を自主回収=「井上堅二氏作品と類似」―アスキー

あちゃー…やっぱりそうなったか。

以前からパクリ?盗作?疑惑がネットを中心に話題となっていましたが、回収&絶版となると公式もそれを認めたってことですね。
文章を比較したものを見る限り、確かに偶然とは思えないほどよく似てましたから…。
新人作品としてはかなり売れていた(4万部?)だけに影響が大きいなぁ。

無題121

まさかYahoo!のトップで扱われるとは思わなかったけどw

電撃文庫側も審査の段階で「?」とはならなかったのかな…。
マイナー作品ならまだしも、『バカテス』のような超メジャー作品なら誰かしら気づいてもいいはずなんですがね。

まあ…tomoも『バカテス』読んでだけど気づかなかったwww
それだけ読者を引き込む面白さや勢いは確かにあったと思うんですよ、はい。
個人的に楽しめたという意味では良くても、対外的にはアウトだったということで。

P1000256.jpg

今となっては、手元にある初版本は(ある意味)貴重なものになったわけか。


読書メーター

tomoの最近読んだ本

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。