プロフィール

tomo

Author:tomo
◆社会人二年目
◆中野が本拠地
◆オタな二十代
◆将来は………

最近の記事

最近のコメント

リンク

Twitter

過去ログ

RSSフィード

cogito,ergo sum
あら、賽銭代りにコメントでも残しなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「榊一郎 ラノベのレシピ」に参加
本日新宿ロフトプラスワンで開催された「榊一郎 ラノベのレシピ」に参加してきました。
今週末は土日出勤を覚悟していたものの、運良く日曜出勤が無くなったのもので。
事前に取っていたチケットが無駄にならずに良かった~。

ラノベレシピ

今回の「榊一郎ラノベのレシピ」はライブ形式のエンタメ小説講座。
榊一郎先生がメインで、ゲストに神野オキナ先生空埜一樹先生を迎えての開催でした。

開場直後に行ったおかげでステージ正面の席の確保に成功。
さらに開演前の時間を利用して、なんと榊先生の突発サイン会も行われました。
いやはや、ホント初っ端から嬉しい限りです。

サイン本

サイン本2

さて、今回のイベントで興味深かったのは、実際にプロットを作る作業をリアルタイムで見れたことですね。
 
①三大噺のワードを決める。
②各ワードから連想されるものを列挙する。
③連想されたもの同士の結びつきを考える。
④世界観を決める。
⑤キャラクターの設定を決める。
⑥物語の流れを決める。

以上の過程を3時間かけて行ったわけですが、最後にはきっちりプロットが出来上がっていました。
「必殺技を出す時に武器を使わせた方が、手で直接出すより個性が出る」「登場人物の能力はシンプルな方が応用が利く」などなど、聞いていて「なるほど!」と思う話も多かったです。
特に印象に残っている発言としては、読者の楽しめる作品を書くために、

中二病的発想は忘れるな!!

とか、

主人公の名前を一行目に書くことで読者に視点人物を明示する、

「オッス!オラ悟空!!」の法則

とかですかねwww

ああ、そういえばこのプロット作成、客席からの発言を交えて行われたのですが、その発言者の多くが現役作家さんだったという事実
ていうか、会場にはかなりの数の業界関係者がいらっしゃった模様で…『蒼穹のカルマ』の橘公司先生とか、『はぐれ勇者の鬼畜美学』の上栖綴人先生とか、『召喚教師リアルバウトハイスクール』の雑賀礼史先生とか…石を投げれば業界関係者にあたるんじゃないか!?と思えるほどでした。
そして発言を求められたら回答もさることながら、まずは自分の新作告知を行うという…榊先生曰く「正しいラノベ作家の姿」らしいですwww

イベントの最後は登壇者の先生方に対する質疑応答。
創作に関する話題はもちろんですが、「『まどか☆マギカ』についてどう思うか?」なんて質問もありました。
あらためて『まどか☆マギカ』の影響力の大きさを実感です。

「萌えを論理的に語って下さい」という質問に対しては、「男性側に要素を持たない恋愛構造」「万人に対して優しい恋愛構造」という定義を榊先生が出してましたね。
ギャルゲーの例を挙げながらの解説を聞いてなるほどと思ったり。



というわけで、ラノベ創作について新しい発見満載だった3時間でした。
なお、イベントの様子をもっと知りたい方は以下へどうぞ~。

Togetter:榊一郎 ラノベのレシピ@新宿ロフトプラスワン 2011/02/27 12:00~15:39

スポンサーサイト
週末は…
最近は休日出勤がないため、週末は比較的落ち着いて過ごせるようになったtomoです。
今の仕事に就いた週にいきなり休日出勤があったことを考えると…なんだろうこの幸福感www

さて、休日の過ごし方は人それぞれだと思います。
食事や映画や買い物に行くとか、家で休みながら本読むとか。
そうした諸々のなかに「休日にこれだけは必ずやる!」という事もありますよね?
多くの人に該当しそうなのが、埃っぽくなった部屋の掃除とか、溜まってる洗濯物の始末とか、家事一般かな?

ちなみにtomoの場合、家事一般を除いて必ずやっていることがあったりします。
それは…ズバリ本屋めぐり

①中野まんだらけに行く

………あれ?なんか「これだからオタは!!」という声が聞こえてきたような。
………気のせいか。

主目的は中古でめぼしいものがあるかをチェックするためですね。
読みたかったラノベやマンガ、研究用の資料として使えそうな諸々が販売されてることもありますし。
(引っ越してきた当初、東浩紀の『美少女ゲームの臨界点』が1000円であった時は驚きましたよ。)
ホント、近くに住んでてよかった。

②ブックオフ中野早稲田通り店に行く

一般的なブックオフでは考えられないラインナップがお気に入りの店舗。
学術書の品揃えが非常に充実していて「なんでこの本がここに!?」と思えるものも結構あります。
あとはラノベの在庫が多いので、まんだらけにない作品はこっちで探すのが常。

そういえば先々週くらいに、ソノラマ文庫版『宇宙戦艦ヤマト』が300円で出てました。

942.jpg

しかもちゃんとビニール包装までして販売。
(この店舗では痛みやすい古本にビニール包装していることが多い。)
無論買いましたけどね。
後で調べたらAmazonのマーケットプレイスで結構な値が…さすがはブックオフ。

③あおい書店 OR 明屋書店に行く

新刊チェックによく利用する書店。
あおい書店は23時まで開店&年中無休、明屋書店はブロードウェイ内に店舗があるため、非常に便利。
明屋書店はラノベ棚横に促販チラシが置かれているのがありがたい。
訪れるたび「資料用~」とか考えてゲット。

まあ、こんな感じなので、週末は結構出費が…orz
そして、狭い部屋の本棚(スライド式×2棚)は、すでに満杯状態…orz
そろそろ真剣に対策を考えないとまずいかな。

以上、結構どうでもいいtomoの週末の過ごし方でした。

カタンの開拓者たち
が登場するラノベを発見してちょっと驚いたwww

神様のメモ帳〈4〉 (電撃文庫)神様のメモ帳〈4〉 (電撃文庫)
杉井 光 岸田 メル

アスキーメディアワークス 2009-07-10
売り上げランキング : 18192

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

kamimemo.jpg

カタンは学生時代にゼミでよくやってましたよ。
…いつもロンゲスト狙いで街が発展しないまま孤立して負けてましたけどorz

そもそも「カタンの開拓者たち」とは………

『カタンの開拓者たち』(カタンのかいたくしゃたち、Die Siedler von Catan)、または『カタン』は、無人島を複数の入植者たちが開拓していき、もっとも繁栄したプレイヤーが勝利するという、ドイツのボードゲームである。1990年代後半からはじまったドイツ・ゲーム・ルネサンスといわれる現代のドイツのボードゲームの隆盛の先駆的作品であり、かつ現在でもドイツのボードゲームを代表する優品である。
カタンの開拓者たち - Wikipedia


なお、プレイヤーは開拓に使うための資源カード(小麦・木・鉄鉱石・羊・土)を待つことになります。
このカードは必要なら他のプレイヤーとの交渉によって交換可能です。
そのため自分と相手との状況を把握しつつ、いかに有利な交渉をしてカードを交換するかが重要なんですね。

ちなみに上にあげたラノベでの交渉はというと………

「羊と小麦一枚ずつ!だれか出してくれ!」
「小麦だけなら出しますが高いですよ」
「鉄鉱石に千円つけてくれるなら両方出すけど」
「高ぇよ!」
「なら自分は現金五百円のみで小麦」

まさかの「現ナマカタン」でしたけどねwww

よい子は真似しないように!!

文化庁メディア芸術祭
最近は休日出勤もなく、週末は比較的平穏な感じのtomoです。
昨年12月中旬から今年1月中旬までの忙しさを考えると…休みって、スバラシイ。
いや、あの頃を思い出すのは心に毒だ。
とりあえず止めておこうw

さて、そんな平穏な休日を利用して、2月3日から六本木の国立新美術館で開催されている第14回文化庁メディア芸術祭に行ってきました。
東京に住むようになって良かったと思うのは、こういうイベントに簡単に足を運べるようになったことですね。
なにしろ中野の家からなら30分で行けるんですから。

「文化庁メディア芸術祭」は、メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的として、平成9年度(1997)から始まりました。アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門で世界中から作品を募り、優れた作品に文化庁メディア芸術祭賞を贈賞するとともに、これらを広く紹介するために受賞作品展を毎年2月上旬に国立新美術館で開催しています。
主催:文化庁メディア芸術祭実行委員会(文化庁・国立新美術館・CG-ARTS協会)


写旭

写旭2

実はこのイベントの存在自体は以前から知っていました。
tomoの関心領域であるアニメやマンガの世界で「文化庁メディア芸術祭○○部門大賞受賞」という宣伝文句は度々目にしてましたゆえ。
最近の作品で憶えているのだと…ああ、細田守監督の『サマーウォーズ』かな?

で、以前からこのイベント&賞について気になっていたのが…

「そもそも『メディア芸術』とは何か?」
「文化庁主催イベントでピックアップされる作品とはどんなものなのか?」
「アニメやマンガは『メディア芸術』としてどう評価されているのか?」

ということ。
うん、こればっかりは実際に見てみないと分かりませんよね~。
うん、なら行くしかないよね~。

てなわけで今回足を運ぶことになったというわけです。

休日ということもあり会場は結構込み合っていました。
会場内は入り口から、アート部門、マンガ部門、アニメーション部門、エンターテインメント部門の作品展示が行われており、映像作品などは大型液晶テレビ、プロジェクター、パソコンを使っての展示が多かったです。
なかには来場者が体験できる展示もあって、人間の眼球運動でキーボード打ったりできます。
ああ、エンターテインメント部門だとゲームの試遊が出来ますよ、メタルギアソリッドPWとか、戦国BASARA3とかwww

感想は詳しく書くと結構長くなりそうなので簡単に。
とりあえず、実際に参加したことで先に挙げた疑問は(十分ではないけど)解消したかと。
一方では「映像メディアと親和性の高いラノベは扱えないのか?」とか新たな疑問も出ましたけどねwww
とはいえ、興味深い展示が多かったので、時間のある方は一度行ってみてはいかがでしょうか。

入場無料ですよ←これ重要www

それから参考までに以下の本を挙げておきます。
最後の方でメディア芸術祭にもふれているので、行く前に読んでおくといいですよ。

キャラクター文化入門キャラクター文化入門
暮沢 剛巳

エヌティティ出版 2010-11-25
売り上げランキング : 103770

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読書メーター

tomoの最近読んだ本

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。