プロフィール

tomo

Author:tomo
◆社会人二年目
◆中野が本拠地
◆オタな二十代
◆将来は………

最近の記事

最近のコメント

リンク

Twitter

過去ログ

RSSフィード

cogito,ergo sum
あら、賽銭代りにコメントでも残しなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋葉原クロスフィールド
秋葉原クロスフィールドが9日にグランドオープン
秋葉原クロスフィールドといえば、秋葉原駅前に出来た2つの高層ビル「秋葉原ダイビル」と「秋葉原UDX」が印象的。IT関連の企業がオフィスを構えるだけでなく、多くの飲食店やイベントスペースも備えるなど規模の大きな複合施設といった趣だ。アニメの上映や声優のイベントといったことが行える「東京アニメセンター」なんてものがあるのもこの街らしい。つくばエクスプレスの開業による学園都市との連結もあって都市機能がかなり変わってきていることは明らかだ。

「秋葉原のような街は世界中を探してもここしかない。世界中からマニアが集まってくる。つくばエクスプレスも開通し、秋葉原とつくばという科学技術を発展させる日本の隠れた国力を持つ地域は、今後とんでもない力を持つことになる。クロスフィールドを拠点に秋葉原はシリコンバレーなんてのもじゃない、もっと大きな国力の発信拠点にしていきたい。」(石原東京都知事)


街、人の流れ。限られた人々から一般人へ。
去年のヨドバシ開店以降、人の流れや街の雰囲気が大きく変わってきた秋葉原であるが、秋葉原クロスフィールドの完成は、今後また新しい人の流れを作り出すことは間違いないだろう。電気街として発展し、萌え産業によって新たな街の様相を呈し、マニアやおたくの聖地としてあり続けた秋葉原。つまりそれは、マニアやおたくといった限られた人々が多く集まる場所だった。電気製品が安く手に入る、電気製品なら秋葉原、という話題以外に一般ではあまり語られることがなかった過去。おたくの聖地として見られるようになっても、限られた人々以外に興味を示すような場所ではなかったといってもいい。しかし近年の大きな街の変化、世間の関心は、限られた人々だけでなくそれとは一線を画す一般人を吸い寄せることとなった。

秋葉原の表と裏
今後、表向き(一般向き)は秋葉原クロスフィールドやヨドバシを表の顔、電気街やおたく趣味の店が裏の顔というような街の二重構造が進むという考えがある。この表裏を区別する、決定するのは結局メインカルチャーに対するサブカルチャー、のような考え方である。現在日本においてメインカルチャー並みの勢力を誇るサブカルチャーの筆頭はまさに秋葉原に存在するものである。「サブカルの筆頭」という認識は、秋葉原をおたくの聖地ならしめる一要因である。秋葉原クロスフィールドがメインカルチャーの要因を内包しているかは疑問だが、認識上、一般向けと考えられるものを表、それ以外を裏、と考える方がこの場合容易だろう。裏と呼ばれる秋葉原の今後はどうなるのか。週末の秋葉原を見ると分かるが、駅前でのメイドさんのビラ配り、歩行者天国のコスプレやライブなどはもはや珍しいものではない。これらがメディアで取り上げられる回数も増えてきた昨今、一般に裏の顔として見られるものは「おたく趣味の店」や「メイド喫茶」が筆頭となるのは今と同じだと考えられる。電車男以降の秋葉原の観光地化だけでなく、中央通りを中心とした秋葉原のテーマパーク化がよりいっそう顕著なものとなるだろう(もうその気配は十分あるが)。もはやメイドさんやレイヤーさんは秋葉原のキャラクター、まさにミッキーやミニーのような存在である。

雑感
人によっては様々な思いとともにこの現状を受け止めることになるだろうが、一つ言える事は、この数年で、ここまで大きな変化をした街というのは他にないのではないだろうか。戸惑いを隠せない人がいるのも無理はない。この変化を肌身に感じているのは、訪れる人々だけでなく、以前から商売をしている人にはより一層感じられることだろう。電気街を例にすれば、老舗のPCパーツショップの閉店や店舗縮小、統合、営業方針の転換などの話からも分かるように、街の変化、人の流れの変化の影響は大きい。秋葉原における既存のものと新しいもの。淘汰する形で今まであったものが形を変えていくことになる。今後の動向も注意を払う必要がある。


また長々と書いてしまった・・・。
あいかわらずまとまりがない・・・。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

 秋葉原…。もうずっと行ってないなぁ。高校卒業後すぐに一緒に東京に遊びに行ったことがあったじゃん。あの時に同行させてもらったのが最後だなぁ。もうあれ以来。ヨドバシカメラが、今通ってるTACがちょうど新宿西口本店前という好立地だから便利ということもあって。
【2006/03/10 02:46】 URL | いが #- [ 編集]


懐かしいなぁ。

大型家電量販店が近くにあるとそっちの方が便利だよね。自分も大抵の用事なら横浜で済ませられるんだけどね。秋葉原まで行く理由はそこに行かないと手に入らないものがあるからなわけで・・・。街独特の雰囲気も好きだけど、最近はちょっと以前とは変わってきた気がする。
【2006/03/10 11:38】 URL | tomo #- [ 編集]


また何かできたのね。
クロスフィールドって何?駅ビル?丸ビルみたいなもん?

そういや六本木ヒルズも青山のなんとかってやつもまだいってないや・・・行きてーなぁー。
【2006/03/10 23:30】 URL | 筑波人 #- [ 編集]


秋葉原クロスフィールドは「様々な領域が秋葉原でクロスされ新しい価値が生み出される」ということをコンセプトに作られたようですね。秋葉原駅前に建設された秋葉原ダイビルと秋葉原UDXの二つのビルからなり、その中に、産学提携を目指したIT関連企業のオフィスや、「AKIBA ICHI」という飲食店街があります。イベントスペースも設けられており、一種の大きな複合施設ですね。駅ビルとは違います。

自分は明日あたりのぞいてくるつもりです。

詳しくは http://www.akiba-cross.jp/top.html
【2006/03/11 00:33】 URL | tomo #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokudai50.blog14.fc2.com/tb.php/164-c3eba533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

秋葉原世界 > アジア > 東アジア > 日本 > 関東地方 > 東京都 > 秋葉原秋葉原(あきはばら)は東京の秋葉原駅周辺、主として東京都千代田区外神田一帯を指す地域名である。電気街として、日本国内のみならず世界的に知られている。秋葉(あきば)・アキバ 街-NAVI【2007/08/01 13:57】
読書メーター

tomoの最近読んだ本

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。