プロフィール

tomo

Author:tomo
◆社会人二年目
◆中野が本拠地
◆オタな二十代
◆将来は………

最近の記事

最近のコメント

リンク

Twitter

過去ログ

RSSフィード

cogito,ergo sum
あら、賽銭代りにコメントでも残しなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう3年ですよ
HAL、もとい春です。
もう3年です。
大学あと2年です。
今年で21歳です。
また夏がきて秋がきて冬がきます。

桜の季節です。もう散ってるけど。
新入生の季節です。
勧誘の季節です。
ガストで新入生に食事をおごる季節です。

部活やっている以上、これはがんばっておかねばならないことでしょう。
ビラ配りの成果か?(すいません俺全部出来ませんでした)幸いにも多くの新入生が見学に来るという状態に。今年は当たり年かな。

上の話題とまったく関係ないんだけども・・・。
人間関係ってやっぱすごく大事だなと思うのです。
今更ですが・・・。

自分に対して肯定的にも批判的にも何かを言ってくれる人がいるというのは非常に重要なことです。自分という物差しだけでは計れないことがあり、自分を自分で見たところで気づかないことは多くある。それを気づかせてくれるのは自分以外の「誰か」。それがなければ自分はいつまでも変わることは出来ない。
過去の自分の話を出された時「なんて自分は愚かなことか」と思えるのはある意味救いかもしれない。自分が「愚かな」と当時の自分を反芻できるとしたら、それはその分自分が変わったのだろうし、変われたのは周りにいる誰かのおかげなわけだ。無論、言われたことは吟味して自分にとって必要なことか考えなければなりませんがね。無批判もまずいし全否定や無関心もまずいか。
そもそも自分に対して何か言ってくれるということ自体が大切ですよね。何も言ってくれない、気にかけてくれないという状態になったら結構残酷です。
『残酷なのは憎悪でも嫉妬でもなく、無関心である』
人が人に対して無関心になった時、その人の存在は認められないものとなり、存在そのものが抹消される。存在の完全なる分離、隔絶、消去。
大袈裟ですがね。
繰り返しになりますが、自分に対して何か言ってくれる人がいる、話せる人がいるというのはホント大事です。短い年月しか生きてませんが、こういったことが身にしみて分かったのはここ数年でしょう。愚かですよねぇw。そうやって人は成長していくんですかねぇ。

さて、身に余る戯言はこのくらいにして・・・

4月23日のサンクリ。ついに参加を決定。
カタログ買ってきましたよ。
どのサークルさん狙うかはまだ正式に決めてません。つうかまだチェックしてねぇ。サイト見回ってもまだ情報が出てないところ多いし・・・。もうちょっと待とう。
現在考えているプランは大きく分けて2つ。
・いつもは取れない超大手サークル単発狙いの一撃離脱戦法
・中堅サークルを可能な限りまわる巡回戦法
名前はテキトーですw。相変わらずセンスがないね。
まあ、単独で行くならこの二つになるのかなぁ。やっぱり。
まあサンクリは委託出すサークルさん結構あるからそちらも考えないといけないし・・・。それほど数は買わないからあせることもないしね。今回は。今回はね。
4月から5月にかけての出費の多さは冬コミに迫ることはないけど多い。バイト代はそちらへほとんど消えることだろう。愚かですよねぇw。

履修を仮で組んでみたけど、月金曜日がきついなぁ。
月曜日は1~5限決定だし、金曜日は1~3限と5限確定。
グハァ!!
金曜日に5限とは・・・。6月の金曜日のコンサート間に合うかなぁ。あ、コンサートってクラシックのですけど。6時前に授業終わって7時前に東京までいけるのか?調べたらかなりぎりぎりだ・・・。マズイなぁ。

文章長いけど中身はあまりない独り言・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

そうだね。
人間関係は生きていく上で一番重要だよね。
【2006/04/09 06:06】 URL | いが #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokudai50.blog14.fc2.com/tb.php/183-71bf2e21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
読書メーター

tomoの最近読んだ本

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。