プロフィール

tomo

Author:tomo
◆社会人二年目
◆中野が本拠地
◆オタな二十代
◆将来は………

最近の記事

最近のコメント

リンク

Twitter

過去ログ

RSSフィード

cogito,ergo sum
あら、賽銭代りにコメントでも残しなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kyoto
京都旅行から帰ってまいりました。
いやはや、修学旅行以来の京都ということで様々なところで懐かしさを感じました。
思えば中学の修学旅行は6年も前なんですね。
あの頃とはまた違った感覚で見ることができましたよ。
何しろ、あの時は神社の縁起とか仏像の説明なんてよく見ませんでしたしねw
まあとりあえず、写真で行った場所の一部の紹介等をつらつらと書きたいと思います。

3月7日
午後14時20分に京都着。
CIMG2974.jpg
最初に向かったのは伏見稲荷大社

CIMG2975.jpg
狐が祀られています。

CIMG2977.jpg
千本鳥居の入り口。

CIMG2982.jpg
山の上から見た京都の街。鳥居は山の上まで続いており山頂まで歩いて30分ほど。運動不足を実感。

ちなみに山下の本殿と山頂でおみくじ引いたんですが、下では「吉」だったのが上では「末吉」…。「油断すると駄目」「失せものがある」「凶後吉」とあり…不安になりました。

070307_194855.jpg
一日目の夕食。ネギ焼き&お好み焼き。安くてうまくてボリュームあって最高です。ネギがうまかったなぁ。

帰る時テーブルに時計忘れました。親切な店員さんが届けてくれたのでよかったんですが、あやうく「失せもの」に…。おみくじ的中…。

3月8日
ホテル発8時。朝食は朝マックで。
CIMG2988.jpg
蚕ノ社。ひとけの少ない静かな神社でした。

CIMG2990.jpg
化野念仏寺。かつての死体置き場の無縁仏を供養しています。多くの石仏は風化して原型をとどめていませんでした。しかし…すごい数。憑かれそう。

CIMG2994.jpg
嵐山の竹林。

CIMG2996.jpg
渡月橋です。橋には多くの車屋さんがおり「記念に乗りませんか」と強引な
お誘いをしてくださいます。

CIMG2999.jpg
ご存知学問の神様菅原道真を祀る北野天満宮。今年の院試合格を絵馬に書いて祈願してきました。筆で書くんですが細筆のくせに細くかけない筆に悩まされる。

CIMG3004.jpg
北野天満宮の桜。もう咲いてます。他にも多くの梅が咲いてました。

CIMG3005.jpg
下賀茂神社。中学の修学旅行でも来ましたが、あの時は確か山村美紗の「京都迷宮案内」がきっかけだったような…。

070308_163348.jpg
巨大和風パフェ。長いスプーンを有効利用して底から掘削して食べるのがコツか…。

この後バスで京都駅に移動。地下街のポルタで夕食でもと思ったのですが行ってみると…物価安!!ラーメンと丼もののセットで800円台!ご飯&味噌汁&キャベツおかわり自由のとんかつ定食が1000円!などなど、横浜の地下街ではありえない安さ。これには驚きましたよ。ビバポルタ!横浜も京都ほど安ければ気軽に地下街行けるのに。

3月9日
ホテル発8時15分。昨日に続き朝マック。朝起きた時から右肩だけがなぜか重く感じる…。疲れたか、憑かれたか?
CIMG3008.jpg
六波羅蜜寺。空海上人像と平清盛像があります(教科書でよく見るアレです)。清盛像、思ってたより大きな木像で驚きました。

CIMG3011.jpg
清水寺から見た京都の街。相変わらず多くのインチキくさいおみやげ屋が並ぶ清水への坂道。今回は清水への舞台には行かず、胎内巡りにとどめました。だって寺の拝観料高いしぃ~wもっと安くしてほしい。

CIMG3013.jpg
耳塚。豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、敵方の耳や鼻を落として塩漬けにして日本に送ったものが中にあるようです。住宅街の真ん中に突如現れる怪しさ満点の塚。

070309_135538.jpg
京都駅大階段上より。なんとこの階段を駆け上がる時間を記録した板が最上段についてます。今これを駆け上がったら確実に足がつりそうだ。

070309_140727.jpg
写真右上、ガラス張りの天井部分に人が歩ける通路があります。かなりの高さがある上に側面がガラス張りでかなり怖いです。通路下にネットがあるけど…効果あるのか?

3日間を通して天気に恵まれたのは幸いでした。
春の嵐は去り、すがすがしい気持ちであちこち見てまわれましたよ。
まあ、かなり寒かったけど(まさかあんなに寒いとは…)。
多くの寺社仏閣を回り、(ほんのちょっとは)心が洗われた気分ですwww
今回の旅行中、制服を来た中学生や高校生が地図を片手に寺社仏閣を見てまわる姿を何度も見ました。
かつての自分はあの1人だったんだなと懐かしさを覚えると同時に

若いっていいなぁ

という正直な感想が心に………。
なにふけてるんだか。
まあ、とりあえず、行き先の紹介は一部ではありましたが帰還報告でした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokudai50.blog14.fc2.com/tb.php/309-787c7c8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
読書メーター

tomoの最近読んだ本

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。