プロフィール

tomo

Author:tomo
◆社会人二年目
◆中野が本拠地
◆オタな二十代
◆将来は………

最近の記事

最近のコメント

リンク

Twitter

過去ログ

RSSフィード

cogito,ergo sum
あら、賽銭代りにコメントでも残しなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国会図書館
卒論が進まねぇ~とも言ってられなくなってきたtomoでございます。
2週間後の発表までにある程度の考察と見通しを出さないといけないんですよね。
しかし、いい考えが浮かばない。
だからといって何もしないのはいかんので、とりあえず資料集めを進めると…。
というわけで、土曜日に永田町の国立国会図書館に行ってまいりました。

中学の社会科見学で国会議事堂を見に来て以来の永田町です。
地下鉄半蔵門線の永田町駅から出て徒歩5分ほど、やたらとでかい建築物が現れます。
まさにこれが国立国会図書館です。
本館6階と新館4階のこの図書館ですが、その規模は横浜の市図書とか大学の図書館の比ではないです。

…やたらでかいです。

まあ、所蔵資料の多さを考えれば当然なのでしょうが…。

NDL_Tokyo.jpg
国会図書館本館

圧倒されてばかりもいられないので入館ゲートへ。
100円返却されるロッカーに荷物を入れ、透明な袋にメモやら筆記用具やらを突っ込み、端末で利用者用のIDカードを発行して入館~。
このIDカードを使って、検索、閲覧、複写等の館内でのサービスが受けられるようになるんです。
ハイテクだなぁ~。

館内は非常に清潔感あふれる内装。
自分は新館から入ったんですが、中央のロビーが4階まで吹き抜けになっており開放的です。
さてさて、国会図書館では資料の閲覧や複写に一般の図書館とは大分違うところがあります。

①閲覧
パソコンで資料を検索(NDL-OPAC)。該当資料をオンラインで選択する(ただし、雑誌、図書ともに閲覧請求は3件までしか受付されない)。その後、雑誌なら新館の雑誌カウンター、図書なら本館の図書カウンターに受け取りに行く。大きな液晶画面に自分のIDカード番号が出てたらOK。閲覧申込から受取まで約20分。

②複写
複写申込のカウンターへ移動。パソコンで複写申込書を作成し、そこに該当ページを書き込むと同時に資料にはしおりを挟む。それが済み次第複写カウンターに持っていく。複写終了まで約20分~30分。大きな液晶画面に自分のIDカード番号が出てたらOK。複写代金はB4、A4なら1枚25円。

1枚25円…。
普通ならこれは非常に高く思えるだろう。
しかし、しかしだ!

大宅文庫の60円に比べれば安いものよ!!

ダメな金銭感覚が身についてますorz

請求できる資料の件数に制限があること、受取や複写に時間がかかることから、閲覧資料が多いと1日いてもなかなか進みません。
自分の場合、今回見たいものはほとんど見れましたが1冊だけ他の人が利用中で断念…。
また行くしかないですな。
こういった施設は東京など首都圏に近いところにいないと利用しませんからね。
大学にいる間にもっと利用するとしよう。

交通費が高いけどね…(往復1000円ほど)。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokudai50.blog14.fc2.com/tb.php/320-7adc387a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
読書メーター

tomoの最近読んだ本

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。