プロフィール

tomo

Author:tomo
◆社会人二年目
◆中野が本拠地
◆オタな二十代
◆将来は………

最近の記事

最近のコメント

リンク

Twitter

過去ログ

RSSフィード

cogito,ergo sum
あら、賽銭代りにコメントでも残しなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ボーズコレクション
築地本願寺で開かれた「東京ボーズコレクション」に行ってきました。
…決して「東京ガールズコレクション」の間違いではありません。
正真正銘「東京ボーズコレクション」です。

CIMG3113.jpg


これはイイBOUZ!

…見かけからして、ただならぬ雰囲気漂う催しであることはご理解いただけるかと。
今回の「東京ボーズコレクション」を主催した縁起プロジェクトの説明によると…

インドから発生した仏教という虹は、中国、日本と美しいアーチを描きながら国を超え、 山河を越えてきた。七つの色を持つ仏教という虹に、人々は救いを求め、安らぎを感じ、生きる希望を持った。この日本社会の人々に、そして世界の国々に仏教という美しい虹をかけていくことを目指し『虹を翔るお坊さん』とした。 仏教の架け橋をつくるのが、「縁起」プロジェクト『虹を翔るお坊さん』である。 お坊さんには、色々な人がいて、各宗派によっても個性が異なるし、一人一人魅力的なお坊さんばかり。 普段接することのないお坊さんとコミュニケーションをもってもらおうと考え、 魅力的な各宗派のお坊さんを一堂に集めて「東京ボーズコレクション」を開催する。

これを先週彼女に教えたら、「行く!」の一言で参加決定。
ゼミにも宣伝しツアーでも組むかと思いましたが、結局彼女の友達と3人で行きました。
てなわけで早速レポート。

昼前から午後にかけて行われる「プンダリーカ・ライブと東京ボーズコレクション法要」を本堂で見るために、現地には午前9時頃に到着。
開始は午前11時からでしたが何やら人が多く来そうなので早めの行動。

CIMG3039.jpg
築地本願寺正面

CIMG3048.jpg
本堂内

さすがにまだ早かったらしく人もまばらでしたが、午前10時半頃になると席はすべて埋まり立ち見が多くなります。
報道陣もかなり来ていました。

CIMG3054.jpg
本堂内のパイプオルガン

午前11時、「プンダリーカ・ライブと東京ボーズコレクション法要」開始。

第1部―プンダリーカ・ライブ『杜子春』

CIMG3060.jpg

坊主とラップ。
この組み合わせは意外と面白い。
高齢者の方々には受け入れられないのでは?と思いきや、前々列の白髪のおばあさんが手を叩いてノリノリでしたwww

CIMG3063.jpg

CIMG3064.jpg

第2部―東京ボーズコレクション法要『世界の平和を願う』

天台宗・真言宗・浄土宗・浄土真宗・曹洞宗・臨済宗・日蓮宗各宗派の僧侶有志によって、世界の平和を願う法要を行います。
これだけの宗派が揃うのは稀…というか普通ないですよね。

パイプオルガンの演奏とともにそれぞれの宗派が順番に入場。
観客席側には花道(ファッションショーでモデルが歩いてくるアレ)まで用意され、そこをお坊さんが歩く姿はまさにボーズコレクション!
それぞれの袈裟や衣、声明も異なっており非常に興味深いですね。

CIMG3069.jpg
天台宗

CIMG3073.jpg
真言宗

CIMG3074.jpg
浄土宗

CIMG3077.jpg
浄土真宗

CIMG3080.jpg
臨済宗・曹洞宗

CIMG3085.jpg
日蓮宗

もっとも勢い、というか迫力があったのがこの日蓮宗。
火花散らしてました(マジです)www

CIMG3090.jpg
日蓮宗(尼僧)

このような順番で各宗派のお坊さん達が登場。
これだけでも十分な感じでしたが、なんとこの後…

全宗派が一斉に再登場!!

CIMG3097.jpg

パイプオルガンの演奏に合わせて各宗派のお坊さんが声明を唱えながら花道を歩き、観客席に向かって花びらを投げました。

CIMG3102.jpg


CIMG3103.jpg

本堂内はこの光景に大興奮の様子でした。
花びらを拾う人、立ってしきりに撮影する人多数。
しかし、しかしだ…

なんという演出!!
なんというコラボ!!

これには本当に驚きました。
開始前のアナウンス?でも行ってましたが、まさに「世紀の一瞬」に立ち会うことが出来た気がします。
ポスターに騙されて軽いイベントだと思ったら大間違いですよwww

一つ心残りなのは、敷地内にあった「CAFE DE SHINRAN」に入れなかったことかなぁ。
ロハスを堪能したかったwww

CIMG3044.jpg
「CAFE DE SHINRAN」
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokudai50.blog14.fc2.com/tb.php/386-fe2cf011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
読書メーター

tomoの最近読んだ本

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。