プロフィール

tomo

Author:tomo
◆社会人二年目
◆中野が本拠地
◆オタな二十代
◆将来は………

最近の記事

最近のコメント

リンク

Twitter

過去ログ

RSSフィード

cogito,ergo sum
あら、賽銭代りにコメントでも残しなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西村京太郎「十津川警部アキバ戦争」
P1000020.jpg

西村京太郎先生、どうされたんですか!?

ついに、ついにあの西村京太郎先生が萌え産業に手を出された!!
…とまで大げさではないわけですが、さすがにこのタイトルには驚きました。
十津川警部シリーズは中学の時にはまって40冊以上読みましたが、それ以来手にとっていませんでした。
まさか、久しぶりに読むことになるのがこれだとは思いませんでしたwww

★本作は、十津川警部シリーズ3年ぶりの書下しとなります。

【内容】
「おかえりなさいませ、ご主人様」秋葉原のメイド喫茶を訪れた日本画家・衣川円明(いかわ・えんめい)は、交通事故で亡くなった娘・あすかによく似たメイドと出会う。彼女の名前は県明日香(あがた・あすか)。故郷の山形に帰る前に、自分をモデルにしてほしい――明日香の頼みに、日本画家の最高峰と称されながら、個展を開くことも絵を売ることもほとんどなかった孤高の画家は、娘と同じ名前の彼女の夢をかなえようと、一流ブランドで服を買い、高級ホテルで父娘の生活を楽しんだ。
だが翌日、衣川のもとに「娘の明日香を誘拐した」という電話が。身代金は一億円!
警視庁捜査一課の十津川警部は、身代金の受け渡しに刑事たちを張り込ませるが、犯人はまんまと身代金を奪い去った。犯人を追い、秋葉原へ向かった十津川と亀井だが、そこはかつての電気街とは様相を変えていた。そこで明日香のフィギュアを発見した十津川は、明日香のファンだというオタクの三人組の存在を知る……。

【著者のことば】
アキバは、若者の町であると同時に、オタクの町でもある。そこが、他の若者の町と違う。オタクは、孤独だが、一人一人が、専門家だったりする。平凡なサラリーマンが、アキバで、電気部品を買い込んで、世界一のスピードのコンピューターを作っていたり、フィギュア造りのプロだったりする。もし、そんなアキバを占拠しようとする人間がいたら、オタクたちは、どう戦うだろうか?


3年ぶりの書き下ろしでアキバとは…またディープで話題性のある?ところに…。
とりあえず読了したので、以下独断にまみれた突っ込みを(ネタバレ有なので注意)。

・「アキバ戦争」というタイトルから、アキバが主戦場か!『アキハバラ@DEEP』か!と想像された方もいるかもしれませんが、そうではありません(むしろ「オタク戦争」とかにした方が妥当なのでは…)。

・帯にもある「アキバ三銃士」…もうこれでお腹いっぱいの気分ですが、「アキバ四天王」でないのは不幸中の幸い。

・メイド喫茶は風俗産業という統一見解…まあ間違ってはいない。

・日本画家として登場する衣川円明…彼の行動は一歩間違えば援助交際になりゃしないか(失敬)。

・アキバでの潜入操作の場面で、三田村刑事が刑事とばれないために取った行動とは…

可愛い女の子の顔が描かれた大きな抱き枕を買って抱くこと!!

wwwwww
この行動を取った三田村刑事に対する早苗刑事のお言葉。

「そんな抱き枕なんて持ちたくないわよ」

ごもっともですwww

そうか…最近アキバで抱き枕を抱いて歩いている人が多いのは、警視庁捜査一課の刑事さんが潜入捜査をしているからなのか。
恐るべし捜査一課。
まあここは、ぜひとも十津川警部と亀井刑事にやってもらいたいところでしたね。
しかも、後日、抱き枕はメイド喫茶に潜入した西本刑事の手に渡り、西本刑事はそれを持ってメイド喫茶に潜入捜査を敢行!!
抱き枕、使いまわされてます。
さてここで、この光景を想像してみよう。
西村京太郎シリーズの実写ドラマ版では、西本刑事役は森本レオ。
彼がメイド喫茶に抱き枕を抱いて潜入捜査…

m93-3344-070805.jpg

suffle_makura.jpg


「お帰りなさいませ、ご主人様」

激しく見てぇ!!!!

この部分を見るためだけに映像化を望みますwww
この他、突っ込みたいところは色々ありますがこの辺で。
とりあえず、ネタになる一冊であることは間違いない気がします、はい。

ちなみに、この本は大学の生協で買ったんですが…なんと書棚に3冊も並んでおりました。
他に誰が買うのやら。
そしてレジに持っていくと店員さんがこう言いました。

「あら、これ朝(*おそらく書籍担当の間で)話題になったやつね。お買い上げありがとうございます」

…なんか、すごい奇異な目で見られた気がするのはtomoだけか…。

十津川警部 アキバ戦争 (TOKUMA NOVELS)十津川警部 アキバ戦争 (TOKUMA NOVELS)
西村 京太郎

徳間書店 2008-05-16
売り上げランキング : 422

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokudai50.blog14.fc2.com/tb.php/426-82738619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メイド喫茶を風俗、風俗という西村京太郎・十津川警部シリーズ最新作『アキバ戦争』

 トラベルミステリの一人者西村京太郎の十津川警部シリーズ最新作『アキバ戦争(AA)』が発売されました。十津川警部シリーズとしては3年ぶりの新作とのこと。  日本画家の大家が強引に連れて行かれたメイドカフェで18歳で交通事故死した娘あすかに似たメイド喫茶のWR?... 世の中に絶えてメイドのなかりせば萌えの心はのどけからまし【2008/05/21 14:07】
読書メーター

tomoの最近読んだ本

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。