プロフィール

tomo

Author:tomo
◆社会人二年目
◆中野が本拠地
◆オタな二十代
◆将来は………

最近の記事

最近のコメント

リンク

Twitter

過去ログ

RSSフィード

cogito,ergo sum
あら、賽銭代りにコメントでも残しなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京国際ブックフェア
CIMG3407.jpg

第15回東京国際ブックフェアに大学の先輩&同級生&彼女と行ってまいりました。
主な目的はブースで行われる恩師のトークショーを聞くこと(というか冷やかしにいくこと)。

第15回東京国際ブックフェアは、世界30カ国より770社が一堂に出展する日本最大のブックフェアです。毎年、全国各地の書店、図書館・学校関係者、さらには海外出版社や一般読者が多数来場。会場では、書籍の実物を見ながらその場で書籍の受発注、著作権取引などの商談が活発に行われています。(公式HPより)

場所は東京ビッグサイト。
期間は7月10日から13日までですが、一般公開日は12、13日のみです。
入場は登録制で料金が1200円かかりますが、tomoらは招待状を事前にもらっていたので無料でした。
同人イベント以外でビッグサイト行くのは実は初めてだったりするtomoです。
ゆえにどうしてもコミケを基準にイベントの規模をはかってしまうダメ人間ですwww
それは置いといて混雑具合ですが…12日の昼頃は入場手続きの時に多少並んだ程度でその後はスムーズに入場が可能でした。
中はもちろん多くの人で混雑していましたが、歩くのに苦労する事はなかったかと思います。

このブックフェア、各出版社のPR活動を見ることはもちろんですが、一般入場者にとって見逃せないのが各ブースでの書籍販売。
なんと全ての本が2割引で買えます(場合によっては半額本やサイン本を手にすることも出来ます)。
また、各出版社の目録の無料配布があるので気になるところは貰ってくる事が出来ます。
ちなみにtomoは、角川のブースで富士見書房と角川スニーカー文庫の目録をゲット。
無論、どっちもラノベの目録ですwww
本当は電撃文庫が欲しかったんですが、スタッフさんに聞いたところなくなってしまったようですorz

今回角川はライトノベル20年史?という展示を行っていまして、これまでの歴史を年表にまとめたり、ガラスケースに有名作を展示したり、アニメのPR映像を流したりと、かなりラノベのPRに力を入れていましたね。
このことからも、やはりラノベは今後の(いや今後もか?)販売戦略上重要な役割を果たしていくんだろうなぁ~という気がします。

会場には4時間くらいいましたが、tomoは1冊だけ買って退却。
一方、一緒に来た先輩は両手に重たい紙袋…「何冊買ったんですか?」という質問に先輩は「秘密」の一言。
…確認できたのは、紙袋から見えた『水滸伝』のボックス…箱買いとは恐るべしwww

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokudai50.blog14.fc2.com/tb.php/439-6390ee3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
読書メーター

tomoの最近読んだ本

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。