プロフィール

tomo

Author:tomo
◆社会人二年目
◆中野が本拠地
◆オタな二十代
◆将来は………

最近の記事

最近のコメント

リンク

Twitter

過去ログ

RSSフィード

cogito,ergo sum
あら、賽銭代りにコメントでも残しなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米沢嘉博記念図書館が今夏オープン
明治大学 米沢嘉博記念図書館TOP

噂は聞いていましたが、ついに今夏オープンのようです。
マンガ・サブカルチャー研究者にとっては欠かせぬ場所になりそうですね。
オタクやらライトノベルやらの研究をしているtomoも例外ではありませんがwww

HPには今のところ「ごあいさつ」(明治大学学長、米沢英子、コミックマーケット準備会)、「施設概要」、「米沢嘉博:人と仕事」、「蔵書・所蔵資料」 等のコンテンツがあり、今後も増えていくようです。

なかでも驚きは「蔵書・所蔵資料」で見られる蔵書が詰まったダンボールの写真!!

その総数、異常。

米やん(米沢嘉博氏の愛称)の蔵書だけで4137箱って…。
どうやらイワえもん(岩田次夫氏の愛称)の蔵書もあるようですが、こちらはダンボール総数403箱で米やんの約10分の1(これで全部なのかは分かりませんが…)。

さすがは米やん!量が半端じゃねぇ!!

これだけの貴重な資料を有することになった明治大学は、今後この分野の研究に力を入れていくようです。
現在はマンガ研究なら京都精華大学が思い浮かびますが、数年後には明治大学がそのメッカの一つとして有名になりそうですね。
そして両校火花を散らして研究覇権を握る争いが…なんてねw
いや…大学よりもみしろ図書館同士の覇権争いが始まったりしないか?
西の京都国際マンガミュージアムVS東の米沢嘉博記念図書館みたいにwww

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokudai50.blog14.fc2.com/tb.php/525-921d1de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
読書メーター

tomoの最近読んだ本

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。