プロフィール

tomo

Author:tomo
◆社会人二年目
◆中野が本拠地
◆オタな二十代
◆将来は………

最近の記事

最近のコメント

リンク

Twitter

過去ログ

RSSフィード

cogito,ergo sum
あら、賽銭代りにコメントでも残しなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角川つばさ文庫に『涼宮ハルヒの憂鬱』が登場
角川つばさ文庫の「あたらしく出る本 6月」のラインナップに、『涼宮ハルヒの憂鬱』が入っていますね。

ktb0906_haruhi_sho.jpg
谷川 流・著 いとうのいぢ・絵

ちなみに対象は「小学上級から」となっています。
登場人物ほとんど高校生&かなり突飛な連中多いけど…いいのか?
あと朝比奈さんのコ○プ○とか朝倉さんのナイフとか…そもそも考えたら負けなのか?

まあ、「禁則事項です」ってことで伏せればいいかwww

閑話休題。
角川つばさ文庫のこれまでのラインナップの中で、ライトノベルが原作となっているものは著者や絵師のどちらか(あるいは両方)が代わっていることが多かったんですが…ハルヒに関しては変更なしのようですね。

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」。入学早々、ぶっ飛んだ挨拶をかましてくれた涼宮ハルヒ。そんなSF小説じゃあるまいし……と誰でも思うよな。だけどハルヒは心の底から真剣だったんだ。気づいたときには俺の日常は、すでに超常になっていた――!
ビミョーに非日常系学園ストーリー登場!


上の内容紹介文は角川つばさ文庫のHPから引用したものですが…これ、角川スニーカー文庫版の内容紹介文と一緒なんですよね。

参考:Amazon 涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

著者、絵師、内容紹介まで共通しているとなると、媒体変えただけで中身は全く一緒という可能性も否めませんね。
HPでの立ち読みがまだ出来ないので何とも言えませんが…。

まあ、「いとうのいぢ・絵」は孔明の罠かもしれませんがねwww

参考:角川つばさ文庫を買ってみたのだが…(2009年3月3日の記事)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokudai50.blog14.fc2.com/tb.php/539-3e0478ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
読書メーター

tomoの最近読んだ本

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。