プロフィール

tomo

Author:tomo
◆社会人二年目
◆中野が本拠地
◆オタな二十代
◆将来は………

最近の記事

最近のコメント

リンク

Twitter

過去ログ

RSSフィード

cogito,ergo sum
あら、賽銭代りにコメントでも残しなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も表紙イラストに漫画家起用(集英社文庫)
今日は桜桃忌ですね。

すなわち太宰治の命日です。
しかも今年は生誕100年ということもあって話題になっていますね。

太宰治:青森で銅像除幕 生誕100年の「桜桃忌」(毎日jp)

さて、太宰治と言えば…もう2年くらい前の話ですが、集英社文庫が太宰治の代表作『人間失格』の表紙イラストに小畑健を起用した新装版を発売したところ、8万部?を超える大ヒットを記録しましたよね。
あれ以来、味をしめた集英社は文学作品の文庫の表紙イラストに漫画家を起用するようになりました(特に夏のブックフェア「ナツイチ」の時期に)。
去年は…小畑健、荒木飛呂彦、浅田弘幸などが描いていましたね。

2008-06-22-natuichi2008.jpg

そして今年もやってくれたよ集英社!!

今回は芥川龍之介『地獄変』、坂口安吾『堕落論』を『BLEACH』の久保帯人、太宰治『走れメロス』を『テニスの王子様』の許斐剛が描いたらしい(もしかしたら他にも出るかもですが…)。

地獄変:ブリーチの久保帯人が表紙描く 安吾の「堕落論」も 集英社文庫(毎日jp)

走れメロス:「テニスの王子様」許斐剛さんが表紙描く 集英社文庫(毎日jp)

zigokuhen.jpg
芥川龍之介『地獄変』

daraku.jpg
坂口安吾『堕落論』

melos.jpg
太宰治『走れメロス』

………。

なんというか…

やっぱりジャケ買い狙いの戦略なんですね!?

まあ、続く出版不況で売上が落ちている中、こんな風にビジュアル面重視でインパクトもたせた方が売れる傾向にあるのは確かですからね。
しかも漫画家起用で若い読者を引き込もうという。
この辺りの戦略はライトノベルの販売戦略と基本は同じですね。
でも、今回のコレを見る限りでは…

激しく微妙じゃないかな?

と思うのはtomoだけだろうか?
イラストの好みもあるから強くは言えないけれど、インパクトとクオリティは去年の方が確実に高かったのでは?
集英社のこうした戦略は今年で3度目なわけで…二番煎じ、三番煎じの感が強いだけに、表紙イラストに漫画家を起用すればいいってもんじゃないだろ!とtomoは溜息混じりに思うのでした。
ていうか、『地獄変』は去年に引き続き新装版出すのは何で?
せっかくなら違う作品にすればいいのに…。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokudai50.blog14.fc2.com/tb.php/542-7bc0d0c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
読書メーター

tomoの最近読んだ本

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。