プロフィール

tomo

Author:tomo
◆社会人二年目
◆中野が本拠地
◆オタな二十代
◆将来は………

最近の記事

最近のコメント

リンク

Twitter

過去ログ

RSSフィード

cogito,ergo sum
あら、賽銭代りにコメントでも残しなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミックマーケットシンポジウム
気がつけばもう9月…そしてブログ更新が見事に滞っている!?
…ここ最近の「無気力時代」のおかげで文章考えるのが億劫でしたorz
そういえば9月に研究会発表あるのに準備進んでない…やべぇ!

さて、そんな状況下にあるtomoのリハビリの一環として久々のブログ更新です。
お題は夏コミ1日目に行われた「コミックマーケットシンポジウム」について。
今更?遅えよ!というツッコミは甘んじて受けませう。

P1000093.jpg

夏コミ1日目の目的のメインはこれでした。
ですので会場には午前11時頃到着という、なんとものんびりしたものでしたが、この時間でも入場までに1時間近くかかったのは驚きました。

シンポジウムの会場はビッグサイトのシンボルとも言うべきあの逆三角形の内部!
ビッグサイトには何度も来ていますが、あの逆三角形に入るのは初めてだったので、それだけでテンションUP!
長い長いエスカレーターを上っていると前方からコスプレイヤーの方々が続々と…ああそうか、ここって更衣室に使われてたのか。
初めて場所を確認した…有料休憩所もここだったとは。

P1000092.jpg

で、会場に到着。
資料&おみやげ?をもらって入場すると、空調の効いた広い会議室にステージが。
開始20分前でしたがこの時点でそこそこ人が集まっており、開始直前には結構な人数(100人以上?)がいたと思います。
なかには「あ、あの人は!」という有名人もチラホラ見受けられました。

で、内容。
「コミックマーケットを学術的なアプローチから考えてみよう」ということで、社会システム論(出口弘氏)、ネットワーク経済論(田中秀幸氏)といった視点からの発表が行われました。
「学術的な~」という点には、児ポ法含め二次創作に対する規制強化への対策も含まれているのかなと。
「表現のプラットフォームとしてコミックマーケットを考える時、自主制作を通して誰でも物語を作ることが可能な場は非常に興味深く世界的に見ても珍しい」、「既存の枠組みでは捉えきれない新しい経済システム」といった発表での主張は、コミックマーケットが単なるファンの集まりではないぞ!ということを伝えたいんだと思います。
「実際の活動を見て、表現活動をしている人達を評価してほしい」とは共同代表の筆谷氏のお言葉ですが、確かに想像ではなく自分自身の目で見てみることが大切という点には激しく同意。
ちなみに発表者の出口氏と田中氏は、当日2人で東館のサークルを回って買い物していたそうですが…この日はちょうど腐女子の日…売り子さん達がこの2人を見て何を想像したのやらwww

このような試みは今後も行っていくとのことで、この分野に興味がある方はぜひ参加してみるといいと思います。
次回があればtomoもまた出たいですね。

まあ、コミケ当日だと買い物できなくて困るけどなwww

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokudai50.blog14.fc2.com/tb.php/555-d45a369b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
読書メーター

tomoの最近読んだ本

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。