プロフィール

tomo

Author:tomo
◆社会人二年目
◆中野が本拠地
◆オタな二十代
◆将来は………

最近の記事

最近のコメント

リンク

Twitter

過去ログ

RSSフィード

cogito,ergo sum
あら、賽銭代りにコメントでも残しなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ユリイカ」7月臨増のハルヒ特集
というわけで、見た目はどう見ても角川のムック本な文芸誌「ユリイカ」7月臨時増刊号を購入。

青土社:涼宮ハルヒのユリイカ!
J-CASTニュース:涼宮ハルヒを徹底解剖 ユリイカ増刊号

yuriika2.jpg
表紙

yuriika1.jpg
裏表紙

yuriika3.jpg
中表紙

yuriika5.jpg
背表紙

yuriika4.jpg
カラー口絵

以下、目次です。

【対談】
涼宮ハルヒは止まらない !! ジャンル・世代・国境を越える魅力の秘密 / 大森望×佐々木敦

【涼宮ハルヒの帰還】
SOS団はもう解散している / 佐々木敦
涼宮ハルヒの予定調和 古典SFの力 / 稲葉振一郎
いつか果てる刻 / 八代嘉美

【涼宮ハルヒの時代】
例外少女ハルヒ / 笠井潔
涼宮ハルヒは私たちである / 佐藤俊樹
たわいないユートピア / 福嶋亮大
涼宮ハルヒの競争 / 飯田一史

【涼宮ハルヒを 〈読む〉】
情報統合思念体の驚愕 / 池田純一
涼宮ハルヒの韜晦 SFが可能にした語り・SFを可能にする語り / 海老原豊
ゲームのように / さやわか
〈涼宮ハルヒ〉 シリーズのモナドと、ミステリ的な技法 / 小森健太朗
白鳥座α星の瞳 『涼宮ハルヒの憂鬱』 と 〈少女〉 のなかの少女 / 上田麻由子
涼宮ハルヒの失恋 「設定」 と 「人格」 のすれ違いをめぐって / 坂上秋成

【涼宮ハルヒへ捧げるオード】
Start/好きだよ、主人公ちゃん / 最果タヒ

【涼宮ハルヒはメディアを越えて】
アニメにとってのハルヒ、ハルヒにとってのアニメ / 藤津亮太
涼宮ハルヒの声 / 海猫沢めろん
『涼宮ハルヒの追想』 の追想 / 暮沢剛巳
谷川流は消失しない、のか? / 神田川雙陽

【endless speculation for Yuki Nagato】
向こう側のユキとこちら側のハルヒ アニメ版涼宮ハルヒシリーズについて / 古谷利裕
セカイの開かれ アニメ背景試論(一) / 中田健太郎

【カラー口絵】
涼宮ハルヒの可能世界 オマージュ・イラストギャラリー
   mot しまどりる 丹治匠 フカヒレ 双葉はづき ふみふみこ rei 有村悠

【同人・ネット・聖地巡礼】
Haruhi Makes Revolution / 有村悠
涼宮ハルヒの生成力 キャラクター的身体のミメーシス / 濱野智史
作品・ネット・場所のトリニティ 涼宮ハルヒと聖地巡礼 / いしたにまさき
メタフィクションとしての聖地巡礼 / 樋口ヒロユキ

【資料】
『涼宮ハルヒの憂鬱』 全巻解題 / 飯田一史
『涼宮ハルヒの憂鬱』 &谷川流年表 / 飯田一史


内容をざっと見た感じだと、先月発売の「驚愕」に対する言及もされていますね。
巻頭の大森望×佐々木敦の対談は収録日が5月26日…って、「驚愕」発売の翌日じゃん!?
むしろその仕事の早さに驚愕だわwww

巻末は「『涼宮ハルヒの憂鬱』 &谷川流年表」。
年月日レベルでハルヒ関連の出来事を列挙しながら、同時期の状況について解説しています。
ハルヒに限らず他のライトノベル作品に対する言及も多く、「ハルヒを軸に現在までのライトノベルの歴史を振り返る年表」という感じです。
ちなみに年表の2004年の解説には以下のような文言が…

「今では黒歴史となっているが、『ハルヒ』最初のコミカライズが早くも行われた年であり…」 (P243)

…公に「黒歴史」認定喰らってるけどいいのかwww

さて、まだまだ全然見切れていないのですが、非常にボリュームのある内容であることは確かです。
今後、ハルヒを語る上で参照すべき文献の一つになる可能性は高いでしょうね。
「驚愕」読んでアレコレ語ったり考えたいという方は買って損はないかと。

ユリイカ2011年7月臨時増刊号 総特集=涼宮ハルヒのユリイカ! The girl greatly enlivens the criticism!ユリイカ2011年7月臨時増刊号 総特集=涼宮ハルヒのユリイカ! The girl greatly enlivens the criticism!
大森 望 佐々木 敦 笠井 潔 濱野 智史 福嶋 亮大 稲葉 振一郎

青土社 2011-06-14
売り上げランキング : 94

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あ、どうでもいいかもしれませんが、書店ではシュリンク掛けられた状態で売られてました。
前号の「ユリイカ」は普通に立ち読み可だったのにwww
立ち読み対策なのか、それとも表紙が光沢ありのツルツルした加工ゆえの傷防止なのか…。
あるいは「素敵な表紙が傷ついたら悲しすぎるorz」という店員さんの優しさなのかもしれません(妄想)。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokudai50.blog14.fc2.com/tb.php/632-50e8d163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
読書メーター

tomoの最近読んだ本

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。