プロフィール

tomo

Author:tomo
◆社会人二年目
◆中野が本拠地
◆オタな二十代
◆将来は………

最近の記事

最近のコメント

リンク

Twitter

過去ログ

RSSフィード

cogito,ergo sum
あら、賽銭代りにコメントでも残しなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の文庫フェア2011
今年もやってまいりましたね、夏が。
汗っかきのtomoにとっては「さっさと冬こいやコノヤロウ」な季節であります。
やれやれとしか言いようがないですわ…。

さて、夏といえば様々な風物詩を思い浮かべますが、出版社主催の文庫フェアもそのひとつでしょう。
(…え?それホントに風物詩なのかって?まあ細かいことは(rya)
ここ数年は「いかに若年層に文庫を売るか」で凌ぎをけずる出版各社。
そのための有効な戦略?として注目を集めているのが、人気漫画家orイラストレーターとのコラボ文庫。
集英社文庫が太宰治『人間失格』の表紙を小畑健にして大ヒットして以来、毎年のように出てますよね。

で、今年はどんなラインナップになったのかといえば…
(以下は書店無料配布の小冊子より)

【角川文庫】
発見!角川文庫:Specialカバー

special3.jpg

special4.jpg

【集英社文庫】
ナツイチ2011:ナツイチ作品紹介 スペシャル

special1.jpg

special2.jpg


ああ、今年の角川文庫は結構落ち着いた絵柄が多く…って、

ニーチェ…え?


どう見ても『らき☆すた』です、本当にありがとうございましたwww

一方の集英社文庫は昨年に引き続き、ジャンプ連載作家でかためてきましたね。
tomo的には『夢十夜・草枕』と『遠野物語』が好きかなぁ。
特に『遠野物語』は…『ぬらりひょんの孫』ばりの妖怪バトルを期待して読む輩がいそうだwww
そんな方々のために今はっきり言おう!それ違うから!絶対ないからwww

そういえば『銀河鉄道の夜』はどこの出版社も毎年表紙変えてくるよなぁ~とあらためて思う。

まあ、どういう形であれ、歴史に残る作品が読まれるきっかけになればと。
そうしないとリアルにこうなるかもしれん↓

bokukanji.jpg

「僕の妹は漢字が読める」特設ページ

『きらりん!おぱんちゅおそらいろ』それは日本文学を代表する作家オオダイラ・ガイの最新作だ。彼の小説に感動した高校生イモセ・ギンは、ツンデレ気味だけど本当は兄思いのクロハ、クールでちょっと毒舌系の幼女ミルというふたりの可愛い妹に助けられオオダイラのもとを訪れる。しかし、そこでギンや妹たちは謎の現象に巻き込まれてしまい――。

あえて言おう、これはヒドイとwww


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokudai50.blog14.fc2.com/tb.php/635-9a5f9ab9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
読書メーター

tomoの最近読んだ本

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。