プロフィール

tomo

Author:tomo
◆社会人二年目
◆中野が本拠地
◆オタな二十代
◆将来は………

最近の記事

最近のコメント

リンク

Twitter

過去ログ

RSSフィード

cogito,ergo sum
あら、賽銭代りにコメントでも残しなさい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野・伊勢から帰ってきました
ただいま戻りました。
いやぁ疲れました。バスと電車で移動することが多かったけど、その乗車時間が毎回30分以上120分未満くらいでしたね。あとはひたすら徒歩!!とにかく歩き回ったことは事実。

1日目
朝6時に下宿を出て新幹線で名古屋へ。全国公以来だ!そこから快速と特急を乗り継いで紀伊勝浦へ。熊野那智大社、那智の滝を見たあと、新宮駅へ移動。徒歩で街を歩いて熊野速玉大社へ。

CIMG0371.jpg

那智の滝

CIMG0400.jpg

熊野速玉大社

2日目
朝からバスに揺られて90分。熊野川を右目に眺めながら熊野の山奥、熊野本宮大社へ移動。エメラルドグリーンの色をした川と濃い緑の山々が印象的でした。平日ということもあってあまり人はおらず静かに見学できた。そして熊野といえば世界遺産熊野古道。2時間半ほど山を歩いて昔の人々の道のりと霊山めぐりの雰囲気を味わった。その後伊勢へ移動。特急が山の中で鹿と衝突して10分間緊急停車というハプニング。

CIMG0417.jpg

熊野本宮大社参道

CIMG0476.jpg

熊野古道

3日目
伊勢神宮を見て回って偶然やってた神楽を見て名古屋へ。
やっぱり偶然やってた「ゴッホ展」でゴッホの絵の本物を見る。で、疲れながら新幹線で実家へ。

今回のたびのテーマは「神話を巡る旅」。古事記を読んだり、神社について熊野について様々なことを調べたりという手順を踏んで実際に行ってみると、「おお、ここはこういう場所なのか」とか「あ、これはこういう意味なのか」という新たな発見がある。それがあるたびに非常に新鮮な気持ちになったものである。あまり人がいない静かな山道(熊野古道)を一人で歩き回ったのは、非日常を肌で感じることが出来た貴重な体験であり、今回一番の思い出である。

ついでに・・・
観光地だからいろいろあるだろうと思ったら、あることに驚き。コンビニがまったくない。伊勢でファミマを見て感動を覚えたほどである。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

素敵なたびをされたようですね。
私も、八月の終わりに愛知県と長崎県に行きましたが…
いつもと違う土地に出かけ、違う町の空気を吸うというのは、本当に良いものですよね。
伊勢神宮は、私も一度行きたいと思っているのです。
特に、あと八年で、25年に一度の大きな儀式があると聞いているのですが…
見に行きたいです。
【2005/09/24 23:12】 URL | 山背大兄皇子 #Jx/ZZ95Y [ 編集]


以前も書き込んでいただきありがとうございます。
簡単ながら旅の報告をさせていただきました。
伊勢神宮の25年に一度の儀式は「式年遷宮」といいます。正殿等を全て別な場所に作り直し、祀られている神様をお移しするというものです。伊勢神宮は内宮と外宮をあわせて神宮と呼ばれていますが、それぞれの場所で新しく敷地が用意されていました。また、伊勢神宮はやはり他の神社等と違い正殿の管理が行き届いており、撮影禁止やガードマンが常駐するなどの様子が見られます。敷地は非常に広く、参拝の行き帰りに境内を歩き回ってみるのも面白いですね。とてもきれいで静かです。
【2005/09/24 23:37】 URL | トモ #- [ 編集]

これって
てか、この場所ってうちの部室の夜叉鴉じゃん。
【2005/09/26 00:40】 URL | にし #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokudai50.blog14.fc2.com/tb.php/68-df71e9f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

熊野古道熊野古道(くまのこどう)は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL 街-NAVI【2007/08/01 16:59】
読書メーター

tomoの最近読んだ本

Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。